小腸の検査

いままで、小腸は内視鏡による直接検査が難しく、
造影検査やCTなどによる検査が主体だったため、
正確な小腸病変の評価がほとんどできませんでした。

バルーン内視鏡やカプセル内視鏡の開発により小腸の直接観察ができるようになり、
薬剤性小腸粘膜障害や小腸腫瘍、クローン病などの小腸病変の評価が可能になりました。

当院ではバルーン内視鏡はできませんが、カプセル内視鏡による小腸観察により
消化管全体を検査することが可能です。

カプセル内視鏡が受けられない患者さんもいますので、
くわしくは医師またはクリニックのスタッフにご相談ください。