GERDと胸焼け

GERD(逆流性食道炎)とは胃酸が食道と胃のつなぎ目をこえて、
食道側に逆流することで、食道粘膜を障害する病態のことです。

酸っぱいものが上がってくる、みぞおちの周りがヒリヒリするという食道になにかありそうな症状のほかに、
咳がでるなどの呼吸器症状がでることもあります。

全周性の粘膜の障害がひどければ狭窄をきたしたり、
逆流刺激によってバレット食道とよばれる食道粘膜の変性をきたしたり、
そこから癌が発生したりすることもあります。

気になる症状があれば早めに内視鏡で確認してみましょう。

詳しくは医師またはクリニックのスタッフにご相談ください。