炎症性腸疾患(IBD)とは

炎症性腸疾患(Inflamatory Bowel Disease)は原因不明の慢性腸炎で、
一般的にはクローン病と潰瘍性大腸炎の2つを指します。

クローン病は全消化管のどこにでも発症しますが、おもに小腸と大腸の病気で、
痔瘻などの肛門病変も特徴的です。
潰瘍性大腸炎は大腸にのみ発症する病気で血便が特徴です。

この2つの病気の患者さんは年々増加傾向にあり、
2014年の統計で潰瘍性大腸炎の患者さんは18万人を越え、
クローン病の患者さんは4万2千人程度でした。
IBDの患者さんの増加に伴い、これらの疾患は以前では専門施設での診療が多かったのですが、
近年では一般消化器内科でも診療することが多くなってきています。

2つの腸炎は異なる病気ですが、使用する薬剤など治療法が似ているところもあります。

大事なことは薬をきちんと飲むことと、
定期的な通院で患者さんの体調をチェックしていくことです。
また、炎症性腸疾患は特定疾患申請により医療費助成が受けられる場合があります。

くわしくは医師またはクリニックのスタッフにお尋ねください。

IBDとIBS

炎症性腸疾患のことを英語でInflamatory Bowel Diseaseといい、
頭文字をとってIBDといいます。
一般的には潰瘍性大腸炎やクローン病のことです(別項参照)

似たような名前にIBSというものがあります。
こちらはIrritable Bowel Syndromeといって、過敏性腸症候群というもので、
大腸に異常がないのに、腹痛と下痢、便秘を繰り返すような病態です。

大腸そのものには異常がないので、病気ではなく治療も要らないのかというとそうでもなく、
症状(下痢や腹痛などの便通異常)のために
日常生活に支障をきたして治療を要する人も多いのが現状です。

IBSだと思っていたら、他の病気だったということもあり得るため、
きちんと病院で検査をうけて、消化管に異常がないことを確認してから、
お薬でおなかの調子を整えていくことが大事です。

くわしくは医師またはクリニックのスタッフにお尋ねください。

便秘

便秘の定義にはいろいろありますが、2017年に発行された慢性便秘症治療ガイドラインには
「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義されています。
その他、日本内科学会からは「3日以上便が出てない状態」または「毎日排便があっても残便感がある状態」、
日本消化器病学会からは「排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔不規則で便の水分含有量が低下している状態(硬便)を指す」などの定義が公表されております。

以前の定義からは排便頻度の低下、または便の硬さにより定義されていた印象ですが、
新しいガイドラインではQOLの観点から排便後の快適感が定義として言及されるようになりました。

便秘の診療の上で重要なことは、器質的疾患の除外です。
ただの便秘と思っていたら、実は大腸癌で腸が詰まりかけている状態だったなどということもあり、重大な疾患が見逃されていては大変です。
まずは医療機関を受診し、医師に器質的疾患の除外の必要性についてご相談下さい。
検査で大きな異常がないことが確認されれば、症状にあわせた薬物療法を行います。

便秘の治療薬にはマグミットなどの緩下剤の他、
センノシドやセンナなどの刺激系薬剤が主役でしたが、
近年、刺激系下剤の長期連用は薬物への反応が不良となり、
便秘のさらなる増悪を来すことがあり、日々の診療でも問題となっていました。

2012年ごろから腸管上皮変容薬などの新規作用機序による下剤が登場してきて治療薬の選択肢が増えてきたこともあり、
最近では刺激系の下剤を第一選択としない治療方針も可能となってきています。
新規下剤の登場により便秘治療の目標がただ(便が)出れば良いというものから、
刺激系下剤などの連用による薬剤耐性を予防し、長期間、良好な便通コントールとQOLの改善へと変化してきていると言っても良いかもしれません。
薬物療法以外にはBio Feedback療法や手術などの特殊治療もありますが、
Bio Feedback療法は保険適応外であることもあり札幌市内でもこれらの専門的治療を行える場所は限られています。

くわしくは医師またはクリニックのスタッフにお尋ねください。